全国修繕工事〜所沢店〜

所沢

現在当社では、全国「すたみな太郎」様の看板・LEDライトの修繕工事を行っております。
今回は所沢店さまの修繕工事を行いました。

さて、店舗を運営する上で欠かせない広告塔になる看板ですが、「どう見せたいか」「どんな人に見て欲しいか」によって、種類や大きさ、材質などが変わってきます。
今回は看板の種類について簡単にご紹介をします!

壁面看板・ファサードサイン

建物の一番の顔となる看板です。
正面につけられることが多く、ファサード(建物の正面)サインとも呼ばれます。
お店の雰囲気や、印象、ブランド感を表現するためさまざまな表現方法があります。
目の前を通ったお客様へ向けてのアピールにつながるため、夜間も営業している店舗であれば、どのような照明方式を取るかでも大きく印象が変わります。

ポール看板・ポールサイン

主に大型の店舗で採用されています。
大通りに面している場合、遠くの車からでも認知できる看板です。
大型で照明のついているものが多く、外照式・内照式が主流となっています。

チャンネル文字・箱文字・浮き出し文字

文字やロゴが立体的になっているため、非常に高級感がある仕上がりになります。
材質の種類としては金属文字・カルプ文字などがあります。
低予算で納めたい方にはカルプ文字がおすすめです。
形状としては、文字やロゴの形に沿ってカットし、側面にも文字の輪郭をつけて箱型にしたものを指します。建物や看板に取り付けができます。

スタンド看板・A型看板

道ゆく人にお店のメニューやおすすめなどを手軽にアピールできる看板です。
一番導入がしやすく、移動も簡単なため人気です。
また、敷地内であればどこでも移動ができるというメリットもあります。

まとめ

いかがでしたか?
看板にはお客様にアピールできるたくさんの可能性があります。
適切な場所に、適切な看板を設置することで集客の効果を最大限に活かすことができます。
今ある看板の取り替えを行いたい、また、新規で看板を導入したいという方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

当社には長年の経験と実績があります。
看板制作、施工から、内装リフォームまで幅広くお客様に寄り添ったサービスを展開中です。

コメント